タイミング法で避妊した結果

私たち夫婦は、長い期間遠距離恋愛をして結婚しました。出会って数年で遠距離恋愛になり、遠距離で過ごした期間は4年以上になります。遠距離で付き合っている当時は一緒にいる時間が少なく、寂しい思いをしたことや、すれ違いがたくさんありました。そのため、結婚して一緒に暮らすようになってからは、「しばらく2人の生活を楽しみたい、子供はまだ先でいいかな」と2人とも自然に思っていました。
とはいえ、夫婦で仲良しするときに避妊具を付けるのには抵抗がありました。避妊具を使用しないで妊娠を避けたいと思った私たちは、タイミング法で避妊をすることにしました。
タイミング法とは、基礎体温から排卵日を予想し、排卵日前後は夫婦で仲良しをしない、という方法です。毎朝起きてすぐに基礎体温計で測るのは面倒でしたが、その方法で避妊をしていました。

もちろん、避妊具を付けた方が妊娠しない確率は高いと分かっていました。しかし、「そこまでして避妊しなくてもいいかな、妊娠したらしたで嬉しい」と思っていました。私は避妊具を使用すると痛みがあり、途中で中断してしまうこともたびたびありました。そのため、このタイミング方法を選びました。
またスマホのアプリも活用しました。生理開始日を入力すると、自動で妊娠しやすい時期や、次回の生理予定日を予測してくれるアプリです。私は毎月定期的な周期で生理がくるので、だいたいアプリの予想通りの日付で生理がきました。またアプリが予想する「妊娠しやすい期間」は特に注意していました。

基礎体温計をもとに排卵日を予想し、さらにアプリを使用して妊娠を避けていましたが、結局8か月後に自然妊娠しました。「いつかは妊娠して子供がほしい」と思っていたものの、私たち夫婦が思っていたよりも早く妊娠しました。でも妊娠が分かった時は、「避妊が失敗した…」という気持ちよりも、驚きとうれしい気持ちの方が上回りました。
タイミング法を身をもって試してみましたが、やはり避妊法としては効果が低いことを改めて実感しました。でも私たちにとってみれば、最適な妊娠のタイミングだったように思います。

「30代女性・主婦」